牡蠣(かき)レシピ♪炊き込みごはんは最高!

牡蠣ごはんレシピ、炊き込みごはんは簡単で美味しい!

1 三つ葉の栄養

2 牡蠣(かき)の炊き込みごはんレシピ

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールは、こちらでまとめています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

炊き込みごはんが美味しい季節となってきました!

この記事では、牡蠣(かき)を使った炊き込みごはんレシピをご紹介していきます。

三つ葉の栄養

f:id:mo88mo:20171122162255p:plain

今回作った牡蠣の炊き込みごはんには、最後に三つ葉を散らしていますので、お雑煮、お味噌汁など、さまざまな料理に散らして食べる、薬味的な存在の三つ葉の栄養についてまずは見ていきましょう!

セリ科の多年草(個体としては複数年に渡って存在する植物)で、名前の三つ葉は、葉が1つの茎から3つに分かれているから付けられたというシンプルな植物になります。

北海道から沖縄まで、日本全国に、さらには韓国や中国、サハリンなど、東アジアに広く分布しており、山地の日陰に自生します。

日本では江戸時代から栽培されており、鍋物、吸い物、丼の具やおひたし、和物として食べられてきました。

収穫量のトップは千葉県、愛知県、茨城県、この3県で全国の50%を占めています。

三つ葉は大きく分けると3種類あります!

● 根三つ葉

根が付いた三つ葉で、他の2種類よりも日持ちし、栄養価も高いところが特徴です。

● 糸三つ葉

水耕栽培されるので葉がやや小さいですが香りが強く、スーパーに並んでいる殆どの三つ葉がこれになります。

● 切り三つ葉

茎が細くて白くアクが少なくて、全体的に柔らかく口当たりが良いのが特徴。

ビタミンやカリウムが多く、人間がカリウムを沢山摂取すると、骨密度が増加し、脳卒中を予防し、血圧を低下させることが分かっています!

細胞の外液に存在するナトリウムとバランスを取りながら細胞を正常にしたり、恒常性を維持するのに役立ちます。

特にビタミンAが豊富で、細菌から体を守ってくれたり、暗いところでも目が見えるように働く作用があります。

三つ葉の旬は春になるので、今時期も販売されていますが、3月ごろから初夏がおすすめの時期!

緑黄色野菜に属していて、栄養価は高いのです!

三つ葉独特の香りは、「クリプトテーネン」と呼ばれていて、ストレスの緩和、食欲増進作用、リラックス出来るという効果があります。

普段、あまり沢山食べるというイメージがない三つ葉ですが、サラダに入れて食べても美味です!

牡蠣(かき)の炊き込みごはんレシピ

それでは、牡蠣(かき)の炊き込みごはんのレシピをご紹介していきましょう。

まずは、動画をご覧ください♫

youtu.be

材料のおさらいからやっていきます!

~2~3人分~

ほぼ、2人分と考えたほうが分かりやすいかと思います。

● 白米 2合

● 牡蠣(かき) 250g

● 大根 250g

● 三つ葉 一株

● 水 2カップ

● 塩 小さじ1

● 醤油 大さじ1

● ごま油 大さじ1

● 酒  大さじ3

お米は洗ってザルにあげ、30分置いておきます(これ重要、すぐに炊くとなんとなく米がぼそぼそします)。

牡蠣(かき)は塩水で振り洗いし、水気を拭いておきましょう。

鍋にごま油を入れて牡蠣(かき)をさっと炒め、酒と醤油を絡めて取り出し、同じ鍋に米を入れてさっと炒め、水と塩を入れ、ひと混ぜして3cm長さの細切りにした大根を広げて乗せます。

蓋をして強火にかけ、吹きこぼれたら弱火にして12分炊き、火を止めて牡蠣を加え蓋をして10分蒸らします!

3cm長さに切った三つ葉を散らしてざっくりとかき混ぜていただきましょう。

非常にシンプルな味付けで薄味ではありますが、上品な味に仕上がっていて、心と体がほっこりとするレシピ!

味が濃くなりがちな炊き込みごはんですが、ちょっと上品に、それでいて少しだけ違った炊き込みごはんにチャレンジしたいなというときに便利なレシピではないかと思います!

マンネリ化しがちな炊き込みごはんは、ついつい慣れ親しんだ味を求める傾向がありますが、だからこそ、微妙に違った味付けのものに挑んでいくと、新しい味覚が育ち、新たなレシピを自分で産み出す原動力になるのではないでしょうか?

食べるものは心身を育むものでもありますから、蔑ろにせず、自分の体を大事に考えながら選ぶことも大事なポイント!

人間の体はゴミ箱じゃない、シンプルだけれど、旬の食材を使って一手間かけて作ったレシピは、あなたの感性にも影響をおよぼすものだと自覚することは、加工食品で溢れかえった世の中を見直すための大事なポイントにもなります!

鶏がらスープもどき、添加物だらけの出汁パック、なんにでも入っている植物油脂って何という疑問を持つことで、自分の体を守り、病気から遠ざかるためにも食にフォーカスして日々の暮らしを見直していくことは、医者任せにしてしまう生き方を改める面白いチャンスでもありますね!

牡蠣(かき)を使っているので、この食材からいい出汁も出ます!

食材からの繊細な出汁を味わえるレシピは、添加物だらけの食物では味わえない美味しさです!

今回は、牡蠣(かき)を使った炊き込みごはんレシピをご紹介しました!