かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは?

かぼちゃの栄養、効能やカロリーについて情報をシェアしていきます!

1 かぼちゃとは

2 かぼちゃの栄養や効能、カロリーは

3 かぼちゃのおすすめな食べ方や、美容効果は?

 

記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきましてありがとうございます。

今日から、料理ブログでも情報発信をしていくことになりました!

2017年10月現在、はてなブログで「保護猫モモ&ナナのブログ」と「40代からの美容を考える」という、猫と美容に特化したブログでも情報発信をしています!

世の中に料理ブログはいろいろとありますが、ひと味違う視点から多くの役立つ情報をお届けしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

それでは、初投稿の記事はかぼちゃの栄養や効能、カロリーについての情報です。

今後は、YouTube動画で、料理レシピも発信していきますのでお楽しみに!

個人的に、ジョギング歴20年、筋トレ歴14年(2017年時点で・・・個人トレーナーの夫は筋トレ歴ほぼ30年近い)行っていますので、ダイエットや美容にもからめて、食べ方などについての情報も発信していきたいと考えています、お楽しみに!

かぼちゃとは?歴史は?

ウリ科カボチャ属の果実の総称がかぼちゃです。

原産国は南北アメリカで、諸説あり、中南米遺跡の研究が進み、この遺跡でかぼちゃの種が発見されたことから中南米が原産国ではという説が有力になりました!

主要な生産地はインド、ウクライナ、中国、アフリカで、大別すると次の3つの種類になります。

● 日本かぼちゃ

メソアメリカの熱帯地方で栽培された種。

f:id:mo88mo:20171006150715p:plain

● 西洋かぼちゃ

アンデス山脈の高地の冷涼な土地で栽培化された種で、現在日本で広く栽培されています。

f:id:mo88mo:20171006151027p:plain

● ペポかぼちゃ

f:id:mo88mo:20171007065522p:plain

北米南部の乾燥地帯で栽培化された種、どんぐりかぼちゃ、そうめん南瓜などがこれに含まれ、ハロウィンで使われているもので、ズッキーニもこれと同じ種です。

さらに細かくなると、あと2種類足された5種類です。

● クロダネかぼちゃ

原産はアメリカ大陸で、性質が強健なので、きゅうりなどの接木の台にされることも

f:id:mo88mo:20171007065759p:plain

● 種間雑種かぼちゃ

西洋かぼちゃと日本かぼちゃを交配させた種で、病気に強い強健なのが特徴です。

さらに細かく種類を見ると、次のものがあります!

● 坊っちゃん

500gほどの小型で、味が良くカロテン含有量が非常に多いのが特徴

f:id:mo88mo:20171007071900p:plain

● 宿儺(すくな)

飛騨高山の丹生川地域特産で、最近復活した品種になります。40cmほどで、川が薄くて使いやすい

f:id:mo88mo:20171007071959p:plain

● 黒皮南瓜

えびすかぼちゃとも呼ばれていて、代表的な西洋種。ホクホクとしていて甘みがある

f:id:mo88mo:20171007072138p:plain

● 鹿ヶ谷(ししがたに)

京都特産の日本かぼちゃで、ちりめん状の表皮と形がユニークなのが特徴。粘質で水分が多く、煮物向き。

f:id:mo88mo:20171007072327p:plain

● 打木赤皮甘栗

加賀野菜として人気のかぼちゃ、中は鮮やかな橙色で、水分が多くねっとりとしていて煮物向き。

f:id:mo88mo:20171007072510p:plain

● バターナッツ

瓢箪のようなユニークな形とクリーム色が特徴!

皮は薄くて扱いやすく、甘みがあって実はねっとりとしている。

f:id:mo88mo:20171007072600p:plain

● 白皮栗

メロンに似た薄緑色の皮をしていて、かなりホクホクしています

f:id:mo88mo:20171007072715p:plain

 

● プッチィーニ

200~300gのミニかぼちゃで、甘みが強い

日本では春に種まきをして、夏から秋にかけて収穫しますが、収穫できない時期はニュージーランドやメキシコから輸入しますから、日本では年中食べられます。

f:id:mo88mo:20171007092802p:plain

かぼちゃの歴史は、およそ一万年前~8000年前から、今のメキシコやペルーなどの中南米で栽培が始まったと考えられています。

ですが、日本には縄文時代からかぼちゃに似た種類の野菜の種があったことが、山形県にある小山崎遺跡から見つかっていて、実は日本には独特のかぼちゃがあったのではという説もあります。

種の形から、種類はペポかぼちゃに近いそうですが、これらの種類が現在日本にないので、どうなったのかはわからないと言われています。

ですから一般的には、16世紀にまずは日本かぼちゃがカンボジアから、ポルトガル船で九州の大分へ運ばれたのが始まりです。

カンボジアが訛ってかぼちゃになったと言われていて、19世紀になると西洋かぼちゃがやってきましたが普及せず、その後明治時代になって再度北海道、東北、長野などで定着をしていき1895年になると、宮崎市で「日向かぼちゃ」が栽培されるようになりました。

かぼちゃはカットしていなければ長期保存が出来、加熱してもビタミンCの消失が少ないのも特徴!

皮にカロテンが多いので、皮ごと調理するのが望ましい!

かぼちゃの栄養や効能、カロリーは?

個人的にも、我が家の猫(手作り猫ごはんを作っていますが、よく材料として登場します)も大好きなかぼちゃ、栄養や人気は西洋かぼちゃがダントツだと言われていて、実は栄養価の高さは野菜の中でもトップクラスなんだとか!

かぼちゃに含まれる栄養は次のものがあります。

☆ カロテン

肌や粘膜、目を丈夫にしてくれる働きがあり、免疫力を高めてくれる。

☆ ビタミンA

脂溶性ビタミンで、発育を促進、肌を健康にし、暗いところでも目が見えるようになる機能に関わっていたり、鼻や喉の粘膜に働きかけ、細菌から体を守る。

不足すると暗いところで目が見えなくなったりします。

☆ ビタミンB1

水溶性ビタミンで、糖質からのエネルギー産生や皮膚や粘膜の健康維持、脳神経の正常な働きにも関与

不足すると、糖質がうまく体のエネルギーにならないので、だるい、疲れやすい、食欲がなくなったり、ひどくなると脚気になります

☆ ビタミンB2

水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持をします。

他には、糖質、脂質、タンパク質を体内でエネルギーにする代謝に関わっているので、不足すると発育や成長が阻害され、口内炎口角炎、舌炎などの皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなります

☆ ビタミンC

水溶性ビタミンで、コラーゲンを作るのに不可欠なので、美容に良いビタミンです。

ストレスへの抵抗力を高め、鉄の吸収を良くし、抗酸化作用もあります。

不足すると壊血病になったり、細菌や寒さに対する抵抗力が下がり風邪を引きやすくなります。

血管や関節も弱くなるので、歯茎から血が出たり、体の各箇所から出血をしたり、関節が痛むようになったりします

☆ ビタミンE

脂溶性ビタミンで、抗酸化作用が高く、体内の脂質の酸化を防いでくれたり、老化予防をしてくれます。

血行促進や体を温めるので、冷え性の人にはおすすめ!

不足すると細胞膜の脂質が酸化されて損傷を受け、稀に神経障害や感覚障害が起こる場合があります。

☆ カリウム

細胞内液に存在していて、細胞の外液に存在するナトリウムとバランスを取りながら、細胞を正常に保ったり、血圧の調整をします。

☆ カルシウム

骨や歯を作る栄養素で、99%が骨と歯、残り1%が血液の中にあり、これが出血を止めたり神経の働き、筋肉運動など、生命維持&活動に重要な役割を果たしています。

☆ 鉄

体の中に3~4gほど存在していて、体内の鉄は70%が赤血球を作っているヘモグロビンの成分になっていて、約25%は肝臓に貯蔵されています。

不足すると貧血になってしまい、酸素が運べなくなるので酸素不足となりすぐに疲れる、頭痛がするといった症状が現れてしまいます。

中でもカロチンが豊富で、冷えから女性の体を守ってくれるので、女性の味方になってくれる緑黄色野菜だといわれています。

カロリーは日本かぼちゃが100g49kcal、西洋かぼちゃが91kcalです。

日本で出回っているのは西洋かぼちゃが主流なので、一般的なかぼちゃは91kcalですから、意外と野菜の中では高いということが分かります!

西洋かぼちゃの糖質は100g中17・2gもあり、日本カボチャでも8・1gあります!

ちなみにさつまいもの糖質量は100g35・5gです。

かぼちゃのおすすめな食べ方や、美容効果は?

ここからは、かぼちゃのおすすめな食べ方について情報をシェアしていきながら、美容効果についてもまとめていきましょう!

ダイエットに活用したいなら、焼き芋ならぬ焼きかぼちゃがヘルシーで栄養価も高いのでおすすめです!

焼き芋よりもカロリーが30%も少ないのに、美容効果の高いビタミン類や食物繊維も豊富なので、炭水化物のごはんの代わりに、皮ごと焼きかぼちゃにしてさっとお塩などを振りかけて、食べる順番ダイエットをしながら、最後に食べるのがおすすめ。

食べる順番ダイエットってなぁにという方は、美容ブログのほうでご説明をしているので、こちらの記事をお役立て頂ければ幸いです!

kokokara.hateblo.jp

かぼちゃの美容効果ですが、すでに書いていますが、次のものがあります!

● 熱に弱いビタミンCが、かぼちゃの場合熱に強いので美白や美肌に活躍するビタミンCをしっかりと摂取できるので、これらの美容効果が高い

● ビタミンEには抗酸化作用があるので、アンチエイジングに作用&血行促進や体を温め、冷え性を解消します

● 肌や粘膜を丈夫にするので、美肌作用

● 肌荒れ改善をする

● カリウムが浮腫みを取り除きます

熱に強いビタミンC、美容効果の高いビタミン類、ダイエットに嬉しい食物繊維、浮腫みに効果的なカリウムなどなど、美容にも嬉しい成分がたっぷりと含まれているかぼちゃ、これだけ優れた食材を食べないのは勿体ない!

カロテンは油と炒めたり、和えたりして一緒に摂ると吸収が良くなると言われていますので、おすすめはサラダに入れること、それも、オリーブオイルとにんにくと一緒に炒めたものをじゅっとかけて食べると非常に美味ですよ!

ちなみに、かぼちゃを薬膳で見ていった場合、次の効能があります!

◎ 滋養強壮

◎ 毒消し

◎ 痛み止め

◎ 胃腸を強くする

◎ 体を温める

◎ 気力を養う

◎ 泌尿器系のトラブルに効果

◎ 体を温め、不妊に効くと言われるビタミンEが豊富なので不妊に良い

さらに、かぼちゃの種にも効能があり、東洋医学では「南瓜仁(なんかにん)」と呼んで低血糖改善、回中駆除、お乳の出を良くする、消化機能の改善、浮腫みとりなどをしてくれます。

かぼちゃレシピ

かぼちゃを使ったレシピをご紹介していきましょう!

iegohan.hateblo.jp

今回は、かぼちゃの栄養や効能、カロリーについてまとめてシェアしていきました!