「豚足レシピ」八角で台湾風の煮込み♪

豚足レシピ、台湾風煮込み、八角入り!

1 八角の歴史や栄養

2 台湾風煮込みの作り方

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきましてありがとうございます。

簡単なプロフィールはこちらの記事でしています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

今回は、豚足レシピ、台湾風煮込みの八角入りをご紹介しましょう!

豚足の栄養についての情報はこちらの記事にまとめていますので、お役立て頂ければ幸いです!

豚足の栄養価やコラーゲン効果は? - うれしい家ごはんレシピと猫

その前に、八角ってなんでしょうか?

八角の歴史や栄養

f:id:mo88mo:20171014134942p:plain

八角の故郷は、中国の雲南省の富寧県(ふねいけん)で、この場所は八角の生産量もトップと言われていて、八角とはモクレン科シキミ属トウシキミの実を乾燥させたものです。

インドあたりも原産国だと言われていて、古くからアジア料理には欠かせないスパイスになります。

他には、宗教儀礼や薬としても使われてきた歴史があります。

日本へは中国から早くから持ち込まれていたようですが、食事に入れるのではなく、香料として利用していて、戦国時代には、出陣のときに兜の中に八角の香りを焚きこんだと言われています。

ヨーロッパには16世紀に持ち込まれたと言われていて、イギリスの航海士が持ち帰ったと言われています。

八角と呼ばれている理由は、8つの角があるからです、別名はスターアニス、料理だけでなく杏仁豆腐やお菓子のトッピングにも入れられています。

中国では、日本の七味のような使い方をしていて、日常的に使われているスパイスになり、これを入れるとなんでも中華料理っぽくなるということで、日本でも豚の角煮に入れたりと、料理に凝っている人が使っていたりします。

八角は、次のような症状を持つ人に良いと言われています!

★ 便秘、むくみがある

★ お腹が張ってしまう

★ 食欲が増進する

★ 吐き気がある

★ 精神的なストレスがある

★ 生理痛や月経不順

★ 更年期障害

★ PMSがひどい

★ 風邪を引いたり、体が弱っている

他には次の効能があります。

★ 喉の炎症を抑える

★ 消化促進

★ 強壮&抗癌作用

★ 鎮静、冷え性改善

★ 少量ならダイエット作用

栄養素としては、ミネラルやマグネシウム、食物繊維やビタミンB1、2、Eを含んでいますが、スパイスとして少量使うだけなので、栄養補給は期待出来ないと言われています。

台湾風煮込みの作り方

まずはレシピ動画をご覧ください♫

youtu.be

材料のおさらいをしていきましょう!

● 下処理をした豚足1本分

● 砂糖、醤油、水 適量(豚足がかぶるくらいの水を入れて、同量の砂糖と醤油を入れる)

● にんにく3個、しょうが1片、ネギ1本、八角

にんにくは潰し、生姜は薄切り、ネギはぶつ切りにして、豚足と調味料が入った鍋に入れてコトコト40分ほど煮込んでいきます。

好みで仕上げに胡麻油を2~3滴ほど入れても良いですが、我が家では入れませんでした。

一度作って甘みがもう少し欲しいなら足すなど、自分なりの味を見つけていってください!

今回は、コスパ最強の豚足レシピ、、八角で台湾風煮込みレシピをご紹介していきました!