「豚肉レシピ」豚バラとナンプラー煮込み♪

豚肉レシピ、豚バラとナンプラー煮込みをシェア!

1 ナンプラーって何?栄養は?

2 豚バラとナンプラー煮込みレシピ

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールはこちらでまとめています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

この記事では、豚肉レシピの豚バラとナンプラー煮込みをご紹介していきます!

ナンプラーって何?栄養は?

f:id:mo88mo:20171031130637p:plain

ナンプラーは普段日本人があまり馴染みがない調味料ですが、東北にはおなじような調味料があり、それをしょっつると呼んでいます!

ナンプラーとは、タイで作られている魚醤です!

実はこれ、高価なものから安価なものまで幅広いラインアップがあります。

カタクチイワシなどの小魚を原料にして作られています!

小魚を大量の塩に漬け込み、保存して発酵させ分解が進むと液体がうわずみとなって溜まっていきます!

小魚の実が崩れて骨だけになったら絞り、液体だけを集めて調味料にします!

製造プロセスで一番搾り、一級品という明確な振り分けがされているのです。

● 一級品・・・液体部分を取り出した一番搾りに砂糖を加えたもので、酸味はない

● 二級品・・・取り出した液体に食塩水とアミノ酸液を足し、さらに熟成させた二番絞りに酢酸を加えたもの、酸味がある。

● 三級品・・・さらに食塩水を加えて煮沸し、酢酸と人工アミノ酸を加えたもので、さらに酸味がある

1、2級品はそのままかけたり、つけたりして使い、3級品は料理に使用します!

作り方を理解すると分かる通り、かなり塩分が多く、塩分含有量は22%、醤油は12~15%なのでかなりしょっぱいのです!

ナンプラーの栄養を見ていきましょう!

カロリーは大さじ1で6kcalです。

◎ 動物性タンパク質

◎ アミノ酸

◎ ミネラル&ビタミン

◎ 人間の身体を正常に保つ働きがあるタウリン

栄養価や旨味成分が高く、一度料理に使うと好みの人は病みつきになるかもしれません!

我が家では、常に冷蔵庫に入れてあり、さまざまな料理に夫が使っています(笑)。

タイ料理の店に行くと、4種類の調味料が入った器が置いてあります!

f:id:mo88mo:20171031131353p:plain

これは、クルワンプルーンと呼んでいて、次のものが入っています!

☆ プリック・ポン(糸唐辛子)

☆ ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)

☆ ナンプラー

☆ ナムターン(砂糖)

何故これが置いてあるかといいますと、タイのバンコクでは、部屋に台所がない家が多く、殆どの人が屋台や食堂で食事をするのが一般的なのです。

ですから、食堂や屋台で出される食事の味付けはニュートラルな感じで、好みで個人個人がこれらの調味料を使って、自分に合った味付けにして食べるのが普通なのです!

個人的には、パッタイ(タイ風焼きそば)に、ナム・ソム・プリックをかけて食べるのが好みです!

豚バラとナンプラー煮込みレシピ

ここからは、豚バラとナンプラー煮込みのレシピをご紹介していきましょう!

まずは動画をどうぞ♫

youtu.be

材料のおさらいをしていきましょう!

● 豚バラ肉 800g(動画では半分の量の400gでした)

● ゆで卵  5~6個(動画では2個)

● 水  700ml(動画では350ml)

~調味料A~

● ナンプラー 大さじ3(動画では大さじ1・5)

● 醤油 大さじ1(動画では大さじ1/2

● 紹興酒 大さじ2(動画では大さじ1)

● 砂糖 大さじ2(動画では大さじ1)

● にんにく 大2片(大1片)

バラ肉は5cm角に切り分け、にんにくはみじん切り、鍋に肉とAを入れて調味料を肉によく揉み込んで15分置いておく。

この鍋に水を加えて火にかけ、沸騰したらアクを取りながら、殻をむいたゆで卵も入れ、蓋をして中火で煮ながら、時々様子を見ながら汁気が無くなる手前まで煮る。

味をみて、必要なら醤油やナンプラーを少量入れて味を整える。

味が染み込んだ2日目に食べましたが、ツマミにする人は、若干薄味にしたほうが良いかと思います。

米と一緒にモリモリ食べたいなら、これくらいの味付けは激ウマだと思います!

ナンプラーに慣れていない人でも、食べやすいので、食べたことがない味を求めるのなら、ぜひお試しください!

前日には新鮮だったパクチーを飾っていますが、なくても良いです!

翌日にはパクチーがシナシナになっていたので、パクチーは購入した日に使い切るのがベストです!

今回は、豚肉レシプ、豚バラとナンプラー煮込みレシピをご紹介していきました!