「白菜レシピ」焼き白菜とベーコン煮

白菜レシピ 焼き白菜とベーコン煮をご紹介します!

1 ベーコンの栄養

2 焼き白菜とベーコン煮レシピ

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールはこちらにまとめています!

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

今回は、白菜とベーコンを使った、お子さんがいるご家庭でも楽しめるレシピをご紹介していきます!

白菜の栄養については、こちらで記事にまとめていますので、お役立て頂ければ幸いです!

白菜の栄養価や効能!加熱するとどうなる? - うれしい家ごはんレシピと猫

ベーコンの栄養

f:id:mo88mo:20171101125610p:plain

まずは、ベーコンの栄養からご紹介していきましょう!

カロリーは100gで405kcal、1枚だと69kcal(17g)とかなりカロリーは高くなります!

豚バラ肉を塩漬けしてから、塩を抜いて燻製にしたものがベーコンと呼ばれています!

ロースハムと比較すると、タンパク質は少なく、脂質は3倍、ウインナーと比べると脂質が高くて高カロリーになります!

タンパク質が多く、他にはビタミンB1,12、ビタミンC、ナトリウムが豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する働きがあり、疲労回復効果も期待出来る栄養素になります!

ビタミンB12は赤血球を作り出すのに不可欠な成分で、摂取量が多いと貧血を予防してくれます。

血液循環も良くなるので、肌艶も良くなります!

ビタミンCは抗酸化力が高く、免疫力をアップし、精神的に安定させてくれる働きがあります!

ベーコンの歴史は、紀元前数世紀頃のデンマークだと言われていて、長い航海のために塩漬けの豚肉が使用されていて、これを火で炙って貯蔵していました。

このときに、薪が湿っていたため、肉が煙で燻された状態になったことで、より肉が美味しくなり、保存時期も長くなることが分かったのです。

これが現在のベーコンの原型だと考えられています!

名前がベーコンになった由来は、イギリスのフランシスベーコンが、船舶用の食料として、塩漬け豚肉の燻製を、大量に調達するように命じたことが関係していると言われています!

日本には、幕末頃に伝わってきました!

一般的なベーコンは、ご存知の通り食品添加物が数多く添加されています!

ヨーロッパでは、45万人を対象に、加工肉を食べる習慣のある人は、ある種の病気や癌にかかる確率が高くなると発表しています。

チューリッヒ大学のサビーヌ・ローマン教授は、BBCに対して、次のように語っています!

「特に加工肉の大量消費は、健康的でないライフスタイルに関係しています!」

2015年10月に、世界保健機関(WHO)の傘下の、国際がん研究機関が発表した「赤肉、加工肉のがんリスク」の調査結果によると、毎日50gのベーコンなどの加工食品を摂取すると、大腸がんになる確率が18%まで増加することを発表しました!

このように、加工肉の危険性は、かなり叫ばれているのが現状です!

個人的には、滅多なことがないかぎり、ベーコンなどの加工肉は食べませんし、選ぶとしたら、無添加のものなどを選ぶようにしていますが、今回は一般的なリスクの高いベーコンを使用しました。

理由は、多くの人がこういったものを選ぶので、塩加減などを経験として理解しておかないと、レシピをご紹介したあとの解説で、説明が出来ないからです。

できれば、ベーコンを選ぶなら、無添加のものを選択するようにしたり、余裕があれば、ご自身で手作りされることをおすすめします!

焼き白菜とベーコン煮

それでは、ここから焼き白菜とベーコン煮のレシピをご紹介していきます!

まずは動画をご覧ください♫

youtu.be

材料のおさらいをしていきましょう!

● ベーコン 100g

● ミニ白菜 1/2~1株

● 塩  小さじ1

● にんにくみじん切り 1/2片

● 水  300ml

● バター(無塩) 35g

● ローズマリー(タイムでも可) 1株

ミニ白菜は根本に包丁目を入れて、手で4つに割っていきましょう!

サイズが小さいのなら2つ割で十分です。

白菜の葉に塩を振って、葉と葉の間にも軽くすりこんでいきます。

ベーコンは拍子木切(ひょうしぎぎり)りにします。

※ 拍子木切りとは、長さ4~5cm、幅1cm、厚さ7mm~1cm目安に角柱刑に切ることです。

動画で切り方をご紹介していますので、お役立て頂ければ幸いです。

鍋にバター20gを入れて中火にかけ、にんにく、ベーコンを加え炒め、にんにくの香りがしてベーコンの脂が出てきたら、白菜の断面を下にして入れて蓋をします。

全面にしっかりと焼き色をつけて、軸は火が通りにくいので、はしなどを押し付けるようにしてしっかりと火を通しましょう。

白菜がしんなりしたら、ローズマリーと水を加えて20分煮込みます。

仕上げに残りのバター15gを入れて、馴染んだら完成です!

今回は、我が家ではバターを入れずに作りましたので、ベーコンを炒めるときにはオリーブオイルを使用しました!

塩の分量は、微妙に難しいだけでなく、ベーコンからも塩分が出ますから、最初は少なめに入れて、最後に味を整えるときに足すような作り方をされたほうが良いと思います。

そもそも、白菜1/2~1株だと量的に考えて、塩加減はかなり違うと思いますので、作るときには、最初から塩を多目に入れないようにしたほうがしょっぱくなりません。

1/2株で作る場合は、半分量を白菜にすりこんで、味を最後に整えてみてください!

バターを入れなかった理由は、カロリーオフさせたかったからです!

入れる入れないは、あなたのお好みで選んでください!

※ 先程書いたように、ベーコンには健康に対してリスクがあるので、次回は豚肉を使って作ってみたいと思います。

どんな感じに仕上がるか、またのちほど追記しますのでお楽しみに!

今回は、焼き白菜とベーコン煮のレシピをご紹介していきました!