ターメリックパウダーとは?効能や使い方は?

ターメリックパウダーの効能や使い方をシェア!

1 ターメリックパウダーとは?歴史は?

2 ターメリックパウダーの効能

3 ターメリックパウダーの使い方

4 ターメリックパウダーの副作用は?

5 有機ターメリックでおすすめは・

6 ターメリックパウダーを使ったレシピ

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールは、こちらでまとめています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

今回は、ターメリックパウダーについて効能や使い方などをご紹介していきます!

ターメリックパウダーとは?歴史は?

f:id:mo88mo:20171107144407p:plain

まずは、ターメリックパウダーとは一体なにかご紹介していきましょう!

ご存知の通り、日本語ではウコンと呼ばれている香辛料で、カレーに使われています。

ショウガ科ウコン属の多年草で、生姜と同じでインドや熱帯アジアが原産になります!

紀元前から栽培されていて、現在50種類あると言われています!

インドの伝統医療のアーユルヴェーダでも、薬効について述べています。

インドの人々は、早くからターメリックパウダーの薬効に気づいていたといいます、粉末は木綿や絹を染めるのに適していて神聖な植物だと考えられており、冠婚葬祭では、ターメリックパウダーで染めた衣装を着ていたそうです。

紀元前10世紀ごろに、インドを統治したソロモン王によって、メソポタミアからパレスチナに伝わったといいます。

7世紀になると唐時代の中国へ伝わり、漢方薬として珍重されただけでなく、染料や調味料としても使われてきました。

江戸時代には、ターメリックパウダーは琉球王朝の専売薬草として扱われていて、非常に貴重なものだったといいます。

小石川植物園の中には、当時の幕府が作った「麻布御薬園」と呼ばれていた薬草園があったといいます、この話からも当時どれほど貴重な植物だったかが分かります!

2017年現在、ターメリックパウダーに含まれる薬効成分の研究が進み、クルクミンという成分が健康増進に働きかけていることが分かりました。

ちなみに、うこんは春うこん、秋うこん、紫うこんがあり、ターメリックパウダーはこの中の秋うこんになります!

ターメリックパウダーは中国では「鬱金(うっこん)」と呼ばれていて、鮮やかな黄色という意味ですが、病気で重くなった気分を晴らして爽快になるという意味もあると言われています!

ターメリックパウダーの効能

f:id:mo88mo:20171107144511p:plain

歴史的にも貴重な植物として大切に栽培されてきたターメリックパウダーですが、40の薬効があるという報告もあるといいます!

1000種類以上の成分を、持っているという驚きの植物です!

ターメリックの成分には、次の栄養素が含まれています!

◎ クルクミン

これは、ターメリックパウダーの中に一番多く含まれている成分で、正式にはクルクミノイドと呼ばれています!

ポリフェノールの一種で、ターメリックパウダーのあの黄色い色素成分でもあるので、天然の食用色素としても使われていて、たくあんなどはこれで色付けしているものもあります。

クルクミンには抗腫瘍作用、抗酸化作用、抗炎症作用があります。

◎ フラボノイド

これは、植物に含まれている色素や苦味、辛味成分でポリフェノールの一つですから、高い抗酸化作用があります。

これまで4000種類発見されていて、血流を改善したり、視機能の改善、アレルギー抑制、生活習慣病更年期障害の改善をする成分です。

◎ ビサクロン

これは、ターメリックパウダー全体の3~5%含まれていて、研究結果で、二日酔いを改善する働きがあることが分かっています!

◎ ビタミンやミネラル、食物繊維

これらも豊富に含まれていて、ビタミンB、Cも入っています。

◎ 精油成分

クルクメン、エレメン、バラメチトルイルカビノール、シネオール、ターメロン

効能に関しては、次のものがあると言われています!

★ 生活習慣病動脈硬化の予防&改善

★ 高脂血症、高血圧の予防と改善

★ 血管を修復し強化する

★ 肝機能を回復させ、強化する

★ 消化機能が促進されるので美肌

★ ダイエット作用

★ 抗癌作用

★ アルツハイマー病予防&改善

さまざまな効能があり、現代では手に入れやすいターメリックパウダーですが、歴史を見ていくと、厳しい管理下に置かれ、法外な値段で取引をされてきた現実もあったと言われています!

ターメリックパウダーの使い方

f:id:mo88mo:20171107144631p:plain

ここからは、ターメリックパウダーの使い方についてシェアしていきます!

料理にはもちろん、染め物にも使えるターメリックパウダーは、なんと美容にも使えます!

どんな料理の使い方があるのか見ていきましょう!

● ターメリックライス

お米一合に対して、ターメリックパウダーを小さじ1/4ほどを目安に作っていきますが、お米をといで分量の水にターメリックパウダーを溶かして炊いていきます。

味に深みをもたせたい場合、バター10g(米1合)を加えてもいいですが、ダイエットを意識するなら無しが鉄則!

仕上げにレーズンを入れても良い。

● ターメリックミルク

温めた牛乳に、ターメリック2~3振り入れます。

● ターメリックキャベツ炒め

ざく切りにしたキャベツを炒め、塩とターメリックパウダー少々を加えて味付けをします。

● ターメリックスープ

スープを作り、仕上げにターメリックパウダーを入れる!

米、肉、魚、野菜なんにでも合う香辛料なので、いつも作るポテトサラダに入れて黄色くしてみたり、あなたのアイデアしだいでいろんな料理に使えます!

ターメリックパウダーの副作用は?

いくら身体に良いからといっても摂取しすぎると、やはり身体に害を及ぼす可能性があります。

長期的に過度な量を摂取していると、消化管障害や消化管の不調などが起こる可能性が指摘されていて、肝機能に障害がある人は、摂取に気をつけたほうがいいと言われています。

大体、ターメリックパウダーは一日2~3gほどが適量だと言われています。

女性は注意が必要で、ターメリックパウダーは子宮を刺激することがあると言われているので、妊娠中&授乳中の方は、サプリメントや健康食品として摂取するのは控えたほうが良さそうです!

ターメリックパウダーに含まれるクルクミンには、肝機能を高める働きがある一方、過剰摂取をしたり、肝機能に疾患を持っている人が摂取すると、肝機能障害を引き起こす可能性があると言われています。

有機ターメリックパウダーでおすすめは?

ここからは、有機ターメリックパウダーでおすすめはどんなものがあるのかご紹介していきましょう!

近所で手軽に購入したいのなら、エスビー食品から販売されている有機ターメリックパウダーが気楽に買えます!

ターメリックパウダーの賞味期限は、未開封で2年、開封した場合は冷暗所か冷蔵庫保存で早めに使い切るようにと言われていますので、お買い得だからと、大きなパックのものを購入しても、滅多に使わない場合無駄になります!

お店をやっている、スパイス料理が好きでよく作るという方で、大量に使う人以外は、業務用などを購入するのは避けたほうがいいと思いますので、適量のものを購入したほうが安心です!

例えば、iHerbで購入したこちらのターメリックパウダーは、67g入りで467円(2017年11月7日時点)で、届いて驚きましたが、意外と量が多いのでかなり使い勝手は良さそうです!

jp.iherb.com

もし、量を使う自信があるのなら、こちらの453g入りのもの(1154円)などを購入するほうがお買い得かもしれません!

jp.iherb.com

ただし、副作用の心配もありますから、使いすぎは注意が必要なことはすでに書いていますので、量や頻度に関しては気を配るようにされてください!

国内で購入できる有機ターメリックパウダーを探してみましたが、業務用のものに関しては値段が高すぎるのでおすすめ出来ないなと感じました!

アリサンから販売されている1kgの有機ターメリックパウダーは、Amazonで6372円でしたから割高ですね!

ターメリックパウダーを使ったレシピ

今後、iHerbで購入したターメリックパウダーを使って料理を作ったら、こちらでどんどんレシピをアップしていきますのでお楽しみに!

今回は、ターメリックパウダーの効能や使い方について情報をまとめていシェアしていきました!