ぎんなんの栄養は?食べ方、食べすぎ?殻むきは?

 ぎんなんの栄養や食べ方、食べ過ぎについて、殻むきの方法は?

1 ぎんなんとは?歴史は?

2 ぎんなんの栄養

3 ぎんなんの殻むきの方法

4 ぎんなんの食べ方

5 ぎんなんの食べすぎは何個から?

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールは、こちらでまとめています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

今回は、ぎんなんについて詳しくまとめていきます!

ぎんなんとは?歴史は?

f:id:mo88mo:20171109124403p:plain

まずは、ぎんなんって何?

ぎんなんが実るのはイチョウの木ですが、これは裸子植物イチョウイチョウイチョウイチョウ属に属している、中国原産の裸子植物になります!

裸子植物とは、種子植物のうち、胚芽がむき出しになっているものを指しています!

なんとイチョウの木は世界古来の樹木で、イチョウ科の植物は中生代から新生代にかけて世界的に繁栄して、世界各国で繁栄してきましたが、氷河期にほぼ絶滅、イチョウだけが生きている化石としてレッドリスト国際自然保護連合が作成した、絶滅の恐れがある野生生物のリスト)の絶滅危惧IB類に指定されています。

※ 絶滅危惧は他にIA類、ⅠⅠ類のカテゴリーに分類されています

ぎんなんは、イチョウの木の種子や果実になります!

旬の時期は9月~11月半ば、この頃からイチョウの木が色づき始めます。

ご存知の通り、ぎんなんは殻を割って中の仁を食べますが、健康な一般人では、適量のぎんなんは食用に出来ますが、生やローストしたものは中毒の危険性があります。

詳しいことは後ほどシェアしています!

ぎんなんの栄養

危険でもあるぎんなんですが、一体どんな栄養があるのでしょうか?

カロリーは一粒あたり6kcalで、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが含まれています!

栄養はありますが、食べ過ぎ注意で、古くから民間療法で咳止めとしても使われてきました!

他には、即効性のある薬、精力剤としても使われてきていて、喘息の患者にも使用されてきました。

子供の夜尿症にも良く、中国ではスタミナ食として使われていて、ごま油に漬けたものを強壮食として食べているそうです!

ぎんなんの殻むきの方法

ぎんなんは殻むきをしてから食べるのですが、やり方は簡単です!

ちなみに、ぎんなん拾いをやってみようと思った方は、落ちたぎんなんを拾うときに、ゴム手袋をつけたほうが安心です!

理由は、黄色い果実で皮膚がかぶれることがあるからです。

殻むきの方法ですが、固い殻はペンチがあればそれで割っていきましょう。

動画も作りましたので参考になれば幸いです

youtu.be

なければ、新聞紙の上に並べて、さらに新聞ではさんで上から麺棒などでたたきましょう。

ぎんなんの食べ方

さまざまな食べ方がありますが、今回我が家では、一番簡単で美味しいだろうと思われるからいりレシピを作ってみました!

フライパンに入れて弱火にかけ、ふりながら殻に焦げ目がつくまでからいりします。

器に盛って塩を振れば完成です!

他には、次の食べ方があります!

◎ 茶碗蒸しに入れる

◎ おこわや煮物

◎ 鶏肉と炒める

◎ ぎんなんごはん

◎ かき揚げ

◎ その他アイデア次第

ぎんなんの食べ過ぎは何個から?

ぎんなんは、食べ過ぎると中毒を起こす恐れがあります!

何個くらいにしておいたほうがいいのかご紹介する前に、ぎんなん中毒に関して情報をシェアしておきます。

特に子供が食べ過ぎるのは注意が必要で、一度に多量に食べない、継続して食べないなどの注意が必要となります。

ぎんなんで中毒が起こるのは、ビタミンB6欠乏で、ぎんなんの中にビタミンB6に似ている構造を持っている毒性物質があるからです。

人間は、体内でビタミンB6を作ることが出来ません。

腸内細菌が作ったものと、食事で摂取し濃度を維持しているのですが、なんらかの理由で、体内のビタミンB6が欠乏している状態で、ぎんなんを食べたときにぎんなん中毒が起こることがあり、アレルギーではないので、そのときにその人にの体調によって変わります。

要するに、ぎんなんに含まれるビタミンB6に似た構造を、脳がビタミンB6だと勘違いして取り込みますが、それがビタミB6の働きをしないのでこの栄養素が不足してしまい欠乏症を引き起こします。

脳の興奮が止められなくなり、痙攣を引き起こしたり、人によっては頭痛や嘔吐、吐き気が起こります。

食べるときには気をつけましょう!

そして、何個くらいまでなら大丈夫なのかシェアしておきます!

先程も書いたように、その人のそのときの体質によって、中毒を起こす量は変わってくると言われていますが、目安としては、大人は一度に10個以内、子供は5個以内と言われていますが、これよりも少ない量で中毒を起こす場合もありますので十分注意しましょう!

10個以上食べるのは危険が増えるので、辞めたほうが無難だと考えられます。

茶碗蒸しに入っているぎんなんも1~2個程度ですから、これくらいの量が丁度いいのかなと考えられます!

今回は、ぎんなんの栄養や処理の方法、食べ方などをご紹介していきました!