マスタードシードとは?効能や使い方、味はどうなの

マスタードシードとは一体どんなもので、効能や使い方、味はどうなの?

1 マスタードシードとは

2 マスタードシードの効能は?

3 マスタードシードの使い方イロイロ♪

4 マスタードシードの味はどんな味?

 

この記事を書いているのは、naomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

簡単なプロフィールは、こちらでまとめています。

かぼちゃの栄養と効能♪カロリーは? - うれしい家ごはんレシピと猫

この記事では、マスタードシードとは一体どんなもので、効能や使い方、味はどうなのか、詳しく情報をまとめてシェアしていきます!

マスタードシードとは?

マスタードシードとは、アブラナ科一年草の種子で、種類がいろいろとあります。

● イエローマスタード

f:id:mo88mo:20171130112420p:plain

● ブラックマスタード

f:id:mo88mo:20171130112129p:plain

● ブラウンマスタード

f:id:mo88mo:20171130112234p:plain

粒のままのときは無味無臭なのに、潰して水分と合わせると、独特の風味である辛味と、ツーンと来る香りを発します!

ブラウンマスタードは、インドではおなじみのスパイスで、炒めると独特の香りと辛味、そして食感があるのが特徴になります!

インドでは南でよく炒め物に使われるスパイスで、マスタード自体は、紀元前2000年の青銅器時代から知られています!

日本へは中国から伝来したと言われていて、奈良時代正倉院文書にマスタードの記述があります。

聖書には、「マスタードシード1粒ほどの信仰があれば不可能なことはない」と書かれていて、信仰の奇跡的な力の比喩にマスタードシードが使われています!

日本では和辛子や粒マスタードなどが主流に使われていて、スパイスのマスタードシードはあまり馴染みがありません!

南インドでは、かなり使われる主要スパイシになります。

マスタードシードの効能は?

それでは、マスタードシードには一体どんな効能があるのでしょうか?

ミネラルが豊富で、マスタードシードに含まれる辛味成分は、「アリルイソチオシアネート」と呼ばれていて、ポリフェノールで知られるファイトケミカルの一種なので、高い抗酸化作用があります!

体調不良には、次の効能があると言われています!

● 嘔吐、便秘、鎮痛作用

● 消化を促進し、利尿、抗菌

● 腫瘍化防止&抗癌作用

● 免疫力改善&アンチエイジング

● 生活習慣病予防&血行促進

● 代謝促進をするので、脂肪燃焼作用

● 打ち身、胸痛、痛風

● 肺炎や咳止め、神経痛

● 健胃、食欲増進、腸内ガスの排出、強壮

漢方では発汗や感染症に用いられてきました。

数多くの効能が、あの小さな種子の中に含まれているマスタードシード、普段あまり使う機会はありませんが、粒マスタードなどを食事のときに摂取するようにするだけでも、これらの効能を得られるので、手軽なものから摂取するようにしてみてはいかがでしょうか?

 

マスタードシードの使い方いろいろ♪

マスタードシードは、粒の状態のものなので、スパイスを使ったインド料理などに使われますが、自分で自家製のマスタードを作るときにも便利に使えます!

効能も高いマスタードの使い方は、次のようなものがあります!

☆ 自家製マスタードを作る

☆ 電磁波が気になる場合、パソコンの前などに、マスタードシード(生で発芽するもの)をハンカチなどに包んで置いておくと電磁波を撃退する

☆ さまざまな料理に使いますが、例えばカレー、炒め物などなど、レシピも数多くあります!

マスタードシードの味はどんな味?

それでは、マスタードシードはどんな味がするのか見ていきましょう!

しょうがのアチャールを作るときに、マスタードシードをフードプロセッサーで細かく砕いたものを食べてみましたが、味はイマイチしないなという感じでした!

一般的にマスタードシードの味は、次のようだと言われています!

● イエローマスタード・・・辛味がマイルド

● ブラウンマスタード・・・イエローマスタードよりも刺激がある辛味

インドでは、料理の最初か最後に使うことが多いスパイスです!

マスタードシードは日本人にとってはあまり馴染みがないスパイスですが、効能も素晴らしいものがありますし、使い方も簡単です、味も辛子などが苦手でないなら、料理に使用してもそれほど気にならないと思いますので、醤油味に慣れているかと思いますが、こういったマスタードシードなどの香辛料なども上手に活用して健康に役立てていってください!

今回は、マスタードシードの効能や使い方、味などについての情報をまとめてシェアしていきました!