節分の恵方巻き!由来、方角、食べ方はあるの?

節分に恵方巻きを食べる由来は何?食べ方はどの方角を向くの?

1 節分ってなぁに?

2 節分に恵方巻きを食べる由来は?

3 節分の恵方巻きの食べ方や方角は?

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

2018年も幕を明け、本日は2日目、蟹座の満月となっている今日、蟹座は家族を現すので、お正月で家族と過ごしている人はエネルギーを得られる絶好のチャンスです!

そんな幸先の良さそうなスタートを切っている2018年ですが、2月3日には節分がやってきます。

毎年、恵方巻きを食べるのを楽しみにしている人もいると思いますが、いったい何故恵方巻きを食べるのか、その由来や食べ方や方角についてご紹介していきましょう!

節分ってなぁに?

f:id:mo88mo:20180102110908p:plain

節分とは雑節の1つで、雑節とは季節の移り変わりをより的確に楽しむために設けられた暦になります!

節分とは、季節を分けるという意味でもあり、昔から日本では季節の変わり目には邪気が生じると考えられていて、これを払うために悪霊祓の行事が行われてきました。

2018年現在、節分は毎年2月3日ですが、これは1985年~2024年ごろまでのことで、いつもそうだというわけではないそうです!

1984年までは、4年に一度のうるう年の2月4日でした!

そして、節分は2025年(2021年からになる可能性がある)から、閏年の翌年の2月2日になります!

この日は、古くから邪気を払うために豆まきを行ってきました!

日本では古くから、穀物や果物には邪気を払う力(霊力)があると考えられてきたので、豆をまくのです!

豆をまく風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからだという説があります!

イワシを食べるのは、これを焼く煙が邪気をはらうからだと考えられています!

豆まきの正しいやり方ですが、豆は必ず炒ったものを使用しますが、理由は撒いた豆から芽が出ると縁起が悪いからです!

夜に行うのですが、理由は鬼が夜にやってくるからです!

そして、豆まきを行うのは一家の長、家長が役目をしますが、その年の年男&年女&厄年の人がいる場合は、その人がまきます!

その年の干支に生まれた人は縁起が良いと考えられていて、その人がまくのが良いとも言われています!

2018年は戌年なので、この干支生まれの人がまけば最強です!

まきおわったら、まいた豆をその年の厄除けを願いながら、自分の年令よりも一個多く食べますが、豆を食べるのは健康(まめ)になるという意味もあるんだとか!

節分に恵方巻きを食べる由来は?

f:id:mo88mo:20180102111206p:plain

毎年節分になると、コンビニでもスーパーでも山ほどの恵方巻きを販売していて、結局売れ残ってしまうので、廃棄する量が問題となっているのですが、いったい節分に恵方巻きを食べる由来はなんでしょうか?

食べ方にもルールがある恵方巻きを食べるのは、大阪を中心とした地域で行われてきたものでした!

恵方巻きとは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いと言われる、太巻き寿司のことです!

1998年に、セブンイレブンが全国発売するときに「丸かぶり寿司恵方巻き」名付け、全国的に2000年ごろから急速に普及しました!

2018年現在では、毎年数多くの恵方巻きが販売されています!

恵方巻きを、節分に食べるようになった由来は諸説あります!

① 1800年代、ある年の節分の日に、大阪近郊の、現在の此花区に住む老若男女が集まって巻きずしを食べるときに、切り分けるのが面倒だったため一本丸かぶりをしたのが始まり説

➁ 江戸時代末期から、大阪で商売繁盛の祈願ごととして始まった

③ 舟場の旦那衆の遊び

④ 厄落とし&縁起担ぎ

⑤ 舟場にある階段で、女性が座って太巻きを丸かじりして願掛けをした

⑥ 大正時代初期に大阪の花街で、節分の時期になると漬け上がるお新香を使った海苔巻きを、恵方に向かって食べる風習があった

節分に恵方巻きを食べるという風習を広めようとしたのは小僧寿しで、1980年代中盤から「縁起巻き」の名称で、全国展開を行っていましたがイマイチ普及せず、先程ご説明したように、セブンイレブンが広めました!

いわゆる商業的な要素が大きいのですが、節分に恵方巻きを食べる食べ方や方角には、次の意味が込められているので、やってみるのも面白いと思います!

節分の恵方巻きの食べ方や方角は?

恵方巻きの恵方とは、陰陽道でその年の干支に基いて定められためでたい方角のことです!

歳徳神(としとくじん)と呼ばれる、その年の金運や幸運を司る神様がいる方角になります!

その方角に向かっって目を閉じ、願い事をしながら恵方巻きを切らずに一気に食べるという食べ方がルールです!

食べている間は喋ってはいけません!

さらに、食べている間恵方巻きを口から離してもダメで、理由は口から離すと福がこぼれる、願いがこぼれるからです!

これらのルールは地方によってやや違いがありますが、基本はここでと説明したやり方になります!

巻きずしを切らないで食べるのは、縁を切らないという意味があり、七福神にちなんだ7種類の具材を海苔で巻くのは、福を巻き込むという意味が込められています!

ちなみに、2018年戌年恵方は、南南東、やや右です!

やや右って、微妙な感じがしますが、今年は節分にこの方角で食べ方を守って一気に恵方巻きを食べましょう。

こうやって昔からの風習を見ていくと、日本とは本当に決まりごとの多い国なんだなと改めて感じてしまいます。

息苦しさを感じる人が多い理由も、これらの風習を見ていくと納得できる面がありますね!

今回は、節分の恵方巻きの由来や食べ方や方角などについての情報をまとめてシェアしていきました!