赤大根の甘酢漬けの作り方♪日持ちはどれくらい?

赤大根の甘酢漬けの作り方は?日持ちはどれくらいなの?

1 大根の甘酢漬けとは?

2 大根の甘酢漬けの作り方は?

3 大根の甘酢漬けの日持ちはどれくらい?

4 大根の甘酢漬けの味は?作ってみた感想

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

大根が美味しい季節ですが、2018年1月現在、まだまだ野菜の高騰が続いていて、普段なら100円ほどで手に入る大根も、2~3倍の値段になっていて、なかなか手ごわい価格で気軽に購入できない状態が続いています。

わが家の近所に、野菜の直売所があり、農家の方がお手頃価格で野菜を販売してくださっていて、赤大根が100円で購入できたので、さっそく甘酢漬けにしてみました。

農家のおばあちゃんが、これは甘酢漬けにすると美味しいんだよと教えてくれたので、そのとおりにしてみました!

ということで、大根の甘酢漬けの作り方や、日持ちについて情報をまとめていきます!

大根の甘酢漬けとは?

f:id:mo88mo:20180123123832p:plain

大根を甘酢に漬けて食べる料理ですが、古くから日本でも作られています。

妊婦がつわりがひどいときに食べると、さっぱりとして良いともいわれてる大根の甘酢漬けは、常備菜にもなり、おやつ代わりに食べることもできます。

加工食品やスナック菓子が、数多く販売されている現代社会の中で、健康を保つためには、こういったものを作っておいて、おやつにしたほうが安心感がありますね!

大根の栄養については、こちらで記事にまとめていますのでお役立ていただければ幸いです!

iegohan.hateblo.jp

大根の甘酢漬けの作り方は?

それでは、大根の甘酢漬けの作り方をご紹介していきましょう!

まずは、動画を御覧ください♫

youtu.be

材料のおさらいをしましょう。

● 大根or赤大根 500g

● 塩 小さじ1

~甘酢~

● お酢 150cc

● 砂糖 大さじ4~5

● 塩 小さじ1/5

● あれば昆布 適量

大根は動画のように、薄切りのいちょう切りにしましょう。

ボウルに入れて塩を振り、混ぜて30分置いておきます。

甘酢の材料を鍋に入れて、ひと煮立ちさせて冷まします。

大根から水分が出てくるので絞り、保存容器に入れましょう。

昆布を入れたのなら、これを切って一緒に保存容器に入れて、甘酢を注いで蓋をして冷蔵庫で保存しましょう!

大根の甘酢漬けの日持ちはどれくらい?

手作りで大根の甘酢漬けを作ったら、どれくらい日持ちするんだろう?

そう疑問に思っている方もいるかと思います。

安心して食べられるという意味では、作ってから日持ちは1週間~3週間と考えるとわかりやすいと思います。

ただ、煮沸消毒した瓶でしっかりと密封し、取り出すときは、食事で使うものを使用せず、衛生的に上手に保存しておけば、半年~1年は大丈夫という説もあります!

味が変化していたら食べないようにして、美味しいうちに食べきってしまいましょう。

日持ちさせようと欲張らず、できるだけ新鮮なうちに楽しみましょう!

大根の甘酢漬けの味は?作ってみた感想

手作りが億劫という人以外なら、作り方は非常に簡単なので、保存食としても重宝する大根の甘酢漬けは日持ちもするので、あと一品野菜料理がなにか食卓にあればいいなというときにも便利に使えますが、味はどんな感じでしょうか?

名前の通り、甘酸っぱい味で、大根のシャキシャキ感とマッチしてとっても口触りが良い味になります。

作ってみた感想ですが、本当にあっという間にできるので、お休みの日にのんびりと保存食作りをしてみるのはおすすめです!

今回は、大根の甘酢漬けの作り方や日持ち日数、味などの情報をシェアしていきました!