クラフトビール 川崎で美味しいお店発見!

クラフトビール 川崎で美味しいお店を発見!

1 クラフトビールとは?

2 川崎で美味しいクラフトビールのお店を発見!

2019年もあと2ヶ月で終わるのかと思っていたときに、11月2,3,4日に川崎で市民まつりが行われることを知りました!

夫は大阪に出張中のため一人で遊びにいったときに、川崎の高津区地ビールの店が出している店舗を発見し、クラフトビールを飲もうとポーターという名前のビールを注文して一口のんだ瞬間!

思わず店を振り返って店員さんにグッと手を付きだしたら、向こうもイエイと手を付きだしてくれ思わず心がほっこりと和んだのでした!

今回は、ビール好きにはたまらない、美味しいクラフトビールの店をご紹介していきます!

クラフトビールとは?

そもそもクラフトビールとはいったいなんでしょうか?

日本では明確に定義されていないといわれていますが、わかりやすく説明すれば「小規模な醸造所で作っている多様で個性的なビールのことです!

ちなみにクラフトとは英語で「工芸、職人技、技術」のことを指しています。

ですから作り手の技量などによって、クラフトビールの味は変わってきます。

パクチーを使ったものを飲んだことがありますが、たしかに美味しいのですがパクチーの風味がなかなか個性的で素晴らしいと感じました。

川崎で美味しいクラフトビールのお店を発見!

川崎市民まつりで出会った、川崎の高津区のお店の名前などをご紹介していきましょう!

☆ ブリマービアステーション久地

https://www.brimmerbrewing.com/ja/

2011年にクラフトビール醸造会社として川崎に会社を立ち上げ、醸造責任者はアメリカリフォルニア州出身のスコット・ブリマー氏で、国際的な活躍をされているそうです。

良質な原材料を使い、古代から伝わっている伝統的な製法で作っています。

この会社のコンセプトは自分たちが楽しめるビールを作ること!

バランスが取れてスッキリとしているのだけれど香りが良いのも特徴!

さらに日本のようにクリアな味を目指しているそうです。

ビール作りには次の3つのことを大事にしているそうなので、ご紹介していきましょう。

① 伝統的な作り方で

➁ ナチュラルなものを

③ 高品質で作り上げる

それでは、川崎にある美味しいクラフトビールのお店、ブリマービアステーション久地で飲めるビールの種類をご紹介しておきましょう。

◎ ピールエール

少し赤みのかかった色でクリアーゴールド、苦味と柑橘系のアロマが特徴で口当たりがとてもスムーズで後味もマイルド。

イギリス風にモルトの風味が生きるように設計されています。

◎ ゴールデンエール

クラフトビール初心者で、ビールの苦味が苦手な人向き!

誰でも飲める軽い飲み口に仕上げています。

◎ ポーター

さまざまな種類のイギリス産モルトとホップを使って複雑な味わいに仕上げてあります!

◎ 季節限定ビール

1,2ヶ月ごとに変わり、海外で人気のビールや旬の素材を使った珍しいビールを提供しています

個人的に飲んだのはポーターとピールエール、お気に入りはポーターで、一口のんだ瞬間グットと手を出したくらいですから相当美味しかったです!

しかも、醸造責任者のスコットさんが直々に注いでくれたのです!

クラフトビールはほんとうに作り手のバランス感覚などが非常に重要ですから、ただの生ビールとは全く違う別次元のビールなので選ぶ方も楽しみです!

まさか、市民まつりでこんな素敵な出会いがあるとは思わなかったですが、近所にあるクラフトビールのお店のものも美味しいですけれど、ここのポーターはぜひ飲んでいただきたい一品になります!

 

iegohan.hateblo.jp

 

 

iegohan.hateblo.jp

 

今日もポーターを飲みに行こうかななんて考えています!

今回は、川崎で美味しいクラフトビールの店を発見したので情報をシェアしていきました!