牡蠣のオイル漬けレシピ♪日持ちはどれくらい?

牡蠣のオイル漬けレシピをご紹介します!

1 オリーブ・オイルのカロリーや栄養

2 牡蠣のオイル漬けレシピ

3 牡蠣のオイル漬けの日持ちはどれくらいする?

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、牡蠣のオイル漬けを作ったのでレシピをご紹介します!

その前に、オイル漬けに使うオリーブ・オイルの栄養や、カロリーについてまとめていきます!

オリーブ・オイルのカロリーや栄養

f:id:mo88mo:20171224132427p:plain

まずは、オリーブ・オイルのカロリーからご紹介していきましょう!

100g921kcal、大さじ1で111kcal、オリーブ・オイルは他の植物油に比べて、オレイン酸が多く、不飽和脂肪酸に分類されているので、血中コレステロール値を下げる働きがあります!

オリーブ・オイルが体に良いと言われる理由は、一価不飽和脂肪酸オレイン酸が、悪玉コレステロールのみを下げるからです。

ただ、これは非加熱で使用した場合に現れる効果ですので、加熱すると失われてしまうそうです!

オリーブ・オイルに含まれているオレイン酸は70~80%を占めていて、オレイン酸には次の効果があると言われています!

● 悪玉コレステロールを下げる

● 動脈硬化心筋梗塞の予防

● 便秘解消、血液をサラサラにする

ビタミンEも豊富で、抗酸化作用が高くアンチエイジング作用もあります。

オリーブ・オイルの健康効果ですが、次のものがあります!

★ 酸化しにくい

★ 老廃物がためにくい体を作る

★ インスリンを抑える働きがあり、痩せやすい体を作る

★ 便秘に効果的

牡蠣のオイル漬けレシピ

ここからは、牡蠣のオイル漬けのレシピをご紹介します!

まずは、動画をご覧ください♫

youtu.be

材料のおさらいからやりましょう!

● 牡蠣 適量

● にんにく 適量

● 赤唐辛子・ローリエ 適量

唐辛子の効能!副作用はあるの? - うれしい家ごはんレシピと猫

● 好みのオイル 適量

● 保存瓶(煮沸消毒かお湯をかけて消毒をしておき、乾かしておきましょう)

 まずは、牡蠣の下処理をしますので、こちらでやり方を書いています、お役立てください。

牡蠣の土手鍋レシピで温まろう♪ - うれしい家ごはんレシピと猫

牡蠣をまな板の上に広げ、塩小さじ1を振りしばらく置いておきます。

水が出てくるので、キッチンペーパーでささっと拭き取っておきます。

フライパンに多目にオリーブ・オイルを入れ、薄切りにしたにんにくを炒めます!

きつね色になったら取り出して、牡蠣を入れ、ふっくらとするまで炒めます。

フライパンから牡蠣を取り出し、粗熱を取ったら保存瓶にいれます!

一緒にさきほど炒めたにんにく、ローリエ、唐辛子も入れ、牡蠣がかぶるくらいのオイルを入れて蓋をして冷蔵庫保存します!

iegohan.hateblo.jp

牡蠣のオイル漬けは日持ちはどれくらいする?

牡蠣のオイル漬けは、レシピによって日持ちがどれくらいできるのかという情報が変わってきます。

この記事でご紹介したシンプルな牡蠣のオイル漬けのレシピでは、2週間ほど日持ちするという話になっています。

f:id:mo88mo:20171224132549p:plain

手作りでも、保存状態が良ければ、なんと1年持つという説もあり、一般的には、手作りで2~3週間、市販のものなら1ヶ月~3ヶ月だと考えられています!

手作りの場合、早めに食べきって、オイルは長持ちするので、冷蔵庫保存で最後まで使い切るようにしてください!

お酒好きの人は、牡蠣が旬の時期になると作って常備し、酒のアテにすると便利!

栄養と美味しさ、両方が一緒に体験できるので、酒飲みにはぴったりなレシピになります!

我が家では、取り出した牡蠣を再度焼いてお酒のアテにしたり、牡蠣とこのオイルを使ってパスタを牡蠣ペペロンチーノにして食べたりと、楽しませてもらいました!

今回は、牡蠣のオイル漬けのレシピや日持ちはどれくらいできるのかといった情報をシェアしていきました!