野菜の高騰2018!いつまで?対策はどうする?

野菜の高騰が続いている2018年1月、これはいつまで続き、対策はどうすればいいの?

1 野菜が高騰する理由は?

2 2018年の野菜の高騰はいつまで?

3 野菜の高騰の対策は?

 

この記事を書いているのはnaomiです!

こんにちは、お越しいただきまして、ありがとうございます。

2017年から、ずっと続いている野菜の高騰!

普段の2~3倍の値段が付いている大根やキャベツを前に、ため息をついている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、この野菜の高騰は、2018年のいつまで続き、対策はどうしたらいいのかシェアしていきます!

野菜が高騰する理由は?

f:id:mo88mo:20180119141230p:plain

野菜が高騰する理由は、ひとつだけではありません。

① 天候が悪く、野菜の生育が悪く、収穫数が減った、もしくは収穫できない

➁ 輸送経路でトラブルが起きた

③ 産地で集中豪雨などが起こったり、災害でトラブルを受け収穫できない

④ 収穫直前の野菜が病気にかかったり腐った

⑤ つられ高騰

これらの理由から、野菜の高騰が起こりますが、農林水産省は、2017年の12月は次の野菜が高騰するという発表をしました!

● キャベツ

● 白菜

● 大根

● レタス

● ネギ

● ほうれん草

これらの野菜の高騰の理由は、2017年10月の長雨&台風が影響したからです。

大根や白菜は、2018年1月現在なら旬の野菜なので、普段なら一本100円前後で売られているのが普通なのですが、なんと3倍の298円で普通に売られていて、農家が持ち込む野菜の中の大根でも、同じくらいの値段が多く、中には成長しなかった小さい大根が150円ほどで売られているのですが、調理して使うには小さすぎ、さらにその値段では購入するのをためらってしまいます。

ちなに、つられ高騰とは、例えば今回の野菜の高騰で、レタスが高くなってしまうということが事前にわかっていれば、代替として購入しようと考えがちな、キャベツの値段を高く設定して販売するという感じです!

2018年の野菜の高騰はいつまで?

f:id:mo88mo:20180119142031p:plain

2018年が明けても、まだまだ野菜の高騰は続いた状態で、値段を見て思わずその値段に心の中でツッコミを入れてしまう自分がいますが、2018年の野菜の高騰はいったいいつまで続くのでしょうか?

なんだか、いつまでというよりも、ずっと続くのではと不安になってしまう状態ですが、いったいいつまで続くのか、調べていきます!

どうやら、2018年1月17日のニュースによると、高騰を続けていた野菜の値段が平年並みに近づく兆しが見えてきたそうです!

レタスは来週以降、キャベツや大根は2月上旬から徐々に、高騰していた値段が下がる見通しが出てきたそうです。

いつまでも続くかと思われ、もしかしたら春先まで高騰が続くのではと言われていた野菜の値段に、ようやく値下げの兆しが見えてきたようです!

ただ、旬の白菜は、まだまだ高騰が続く見込みだということです。

確か、去年も白菜は値段が下がらなくて高かった記憶があります!

旬の時期は、ラッキーならば小玉の白菜が100円で購入できることもあるのに、まったく昨年はそんな経験が出来ませんでした!

とりあえず、野菜の高騰は、そろそろ種類によっては値下げの兆しが見えてきたようですが、種類によってはいつまで続くか分からないといったものもありますので、今後もしっかりと見守っていかなければと思っています!

野菜の高騰の対策は?

ここからは、2017年から続いている、2018年1月現在の野菜の高騰の対策についてまとめてシェアしていきます。

まずは、次の対策が考えられます。

● 野菜の直売所が近所にあれば、そこで購入する

● 野菜の宅配サービスを利用する

● 冷凍野菜をうまく活用する(最近の冷凍野菜は、オーガニックなどもあり質も高くなっています)

● 手頃なもやしや豆苗、スプラウトなどの野菜を購入する

● スーパーで廃棄まではいかないけれど、鮮度の落ちた値段を落として販売している野菜をチェックしてみる

● キムチを購入して食べる

● 添加物のない、もしくはかなり少ない白菜や大根などの、野菜の漬物を購入する

● 自分でプランターで育てる

購入する野菜の種類を変えて、なんとか乗り切る方法もありますが、個人的見解ですが、テレビでも2018年1月19日に放送していましたが、代替野菜として豆苗を購入するという方法で対策をするという情報を提供していましたが、ここで自分の頭を使って考えてみたのですが、これは対策になるのでしょうか?

豆苗は100円ほどで購入でき、さらに一度切ったものを水につけると1週間ほどで伸びてきて、一度の購入で2度収穫出来ます。

ですが、例えばキャベツが300円だった場合、家族の数にもよりますが、2人家族の場合、思い切ってキャベツを購入したほうが日持ちする&豆苗よりも量があるので、結果的には豆苗を購入するのは対策としては損ではないかと考えますが、あなたはどう思いますか?

もう一段高いところから俯瞰して物事を眺めると、結果的に300円のキャベツを購入したほうが、100円でちろっとしか入っていない豆苗を購入するよりも、家計に優しいと考えますが、あなたはどう思いますか?

このキャベツに、いつも安くて嬉しいもやしを足して、量を調整すればさらにキャベツは日持ちします!

こういった面から考えていくと、300円のキャベツともやしを購入するのがお買い得と判断しますが、こればかりは人それぞれです!

さらに、我が家では、近所の農家さんが朝早くから販売している、直売所などをうまく活用するようにしています。

スーパーで購入するよりも野菜の高騰度が低いですし、新鮮で美味しいです!

今回は、野菜の高騰が続いているのですが、2018年はいつまでこれが続き、対策はどうしたらいいのかといった情報をシェアしていきました!